読売ファミリーは読者の生活を応援するお得な情報をお届けします

Staff Blog

スタッフブログ

「Jホラーかぶき」で、あの貞子と共演! 歌舞伎俳優・片岡愛之助さん

読売ファミリーの桜井達也です。
歌舞伎俳優の片岡愛之助さんを東京で取材させていただきました。

取材した日はお盆の8月15日。
折しもこの日は、愛之助さんが10月3日(月)から25日(火)まで大阪松竹座で主演を務める新作歌舞伎「日本怪談歌舞伎 Jホラーかぶき 貞子×皿屋敷」の製作発表会も開かれ、あのJホラーを代表するキャラクター・貞子も会場に登場するなど、この時期らしい演出でした。

お芝居は「播州皿屋敷」を題材にしているので、悪家老・浅山鉄山を演じる愛之助さんは、貞子とお菊さんを相手にするため、ご自身も10月の舞台がどうようになるか、ドキドキしながら今から楽しみにされているようです。
貞子は海外でも有名なキャラクターだそうで、タイでは夜になかなか寝ない子どもへ向けて「早く寝ないと貞子がくるよ」と言うそうです。
その話を聞いた愛之助さんは、貞子がタイの一般家庭でも登場するメジャーな存在なら、いつか現地で公演ができればと笑顔で語っていました。

「貞子の髪の毛が前にだらんと垂れて、顔が見えないところがとっても怖い」と愛之助さん。
白い服にあの長い黒髪、「これだけでこんなに怖い存在を表現するなんて、考えた人は天才ですよ」と感心しきりでした。

会見がひと段落したところで、いきなり会場の照明が落ちて真っ黒に。
しばらくして灯がつくと、愛之助さんの後ろにはなんと貞子が。


いきなりのサプライズに、驚く愛之助さん。
貞子が応援のために会見に駆けつけてくれたのでした。

 

その後は貞子と一緒に歌舞伎の見得を切りながら撮影したり、貞子が自分のスマートホンで愛之助さんと自撮りしたりと、盛り上がっていました。

愛之助さん扮する浅山鉄山と貞子が、どういう風に物語の中で絡んでいくのか、それは実際に舞台で目撃してください。
いざ、大阪松竹座へ。


写真提供:松竹

桜井 達也 

兵庫県出身。思春期を迎える息子と妻の3人家族。読売ファミリーの記者になりこの春で16年目に。「なにわ男子」「King & Prince」などアイドルから、天童よしみさん、八代亜紀さんや藤山直美さんらの大ベテラン、阪神タイガース・佐藤輝明選手らアスリートまで、様々な人たちをインタビューしてきた。記事だけでなく、時には写真も担当。「取材した人たちの人柄が垣間見られるような記事」を心掛ける。

一覧に戻る

pagetopへ

©2022 Yomiuri Joho Kaihatsu Osaka Co.,Ltd.