読売ファミリーは読者の生活を応援するお得な情報をお届けします

Staff Blog

スタッフブログ

好評につき再演決定!「喜劇 老後の資金がありません」 渡辺えりさん

読売ファミリーの桜井達也です。
女優の渡辺えりさんを取材させていただきました。

大好評だった“あの舞台”が帰ってきます!
2023年1月14日から「喜劇 老後の資金がありません」が、京都・南座で再演されます。
室井滋さんとコンビを組み、歌って踊って、笑いあり涙ありのハートフルコメディーです。

取材は東京のホテルの一室でさせていただきました。
鮮やかなピンクのシャツで登場した渡辺さん。
まずは写真から、とポーズを取っていただき、撮影を始めます。
読売ファミリーのキャラクター「ヨーネル」のぬいぐるみを持ったお決まりのショットでは、ピンク同士、まるでこの日のためにコーディネートしていただいたようで、渡辺さんも「ぴったりね」とヨーネルとの2ショットでハイチーズ。

取材をしていると感じたのが、渡辺さんの溢れんばかりのエネルギーです。
テレビや舞台で拝見するのと少しも変らない気さくな雰囲気で、笑いも絶えません。
ところが――
インタビューがスタートして何分か経った時でした。
「ちょっといいですか。座っている位置を変更したいのですが」と渡辺さん。

今、渡辺さんが座っている位置からだと部屋の出入り口が見えるため、スタッフさんや知り合いの方が通るたびに思わずあいさつをしてしまい、落ち着かないとのこと。
「性格的にどうもあいさつしてしまうもので。わがまま言ってすいません」とおっしゃる渡辺さんの心遣いに感心しました。
入り口が見えない位置へ移動していただき、取材を再開しました。

すると今度はカメラマンが「すいません、座る位置をかわってもらってもいいですか」と、申し訳なさそうに声をかけてきました。
渡辺さんの背後に鏡があるため、撮影するとどうもフラッシュの光が反射するようです。
「じゃ、こっちの方がいいかな。ここならインタビューに集中できますね。」と、自ら
入り口を背にした位置に移動していただき、その後は更に話が弾む取材となりました。

ご自身の老後の資金のことや、介護問題など色々とお話いただきました。
劇中でも、見えを張ることがひとつの話のポイントとなります。
渡辺さんに思わず見えを張ってしまうことはと伺うと、「資料を呼んでないのに読んだと言っちゃって、帰ってからあわててアマゾンで買って読んでます」と笑いながら話してくれました。

「ぜひ『喜劇 老後の資金がありません』を見ていただき、色々とたまったストレスを解消してください。お待ちしています」と話す渡辺さん。舞台の上で、豪快に笑い飛ばす姿を見れば疲れもどこかへ。新年は笑いと共に迎えられそうです。

 

桜井 達也 

兵庫県出身。思春期を迎える息子と妻の3人家族。読売ファミリーの記者になりこの春で16年目に。「なにわ男子」「King & Prince」などアイドルから、天童よしみさん、八代亜紀さんや藤山直美さんらの大ベテラン、阪神タイガース・佐藤輝明選手らアスリートまで、様々な人たちをインタビューしてきた。記事だけでなく、時には写真も担当。「取材した人たちの人柄が垣間見られるような記事」を心掛ける。

一覧に戻る

pagetopへ

©2022 Yomiuri Joho Kaihatsu Osaka Co.,Ltd.