読売ファミリーは読者の生活を応援するお得な情報をお届けします

Staff Blog

スタッフブログ

レディースフロアがオススメ ホテルビナリオ梅田 記者の宿泊体験記

 ◆梅田にあるアーバンホテル

大阪の中心地・梅田の茶屋町エリアにあるアーバンホテル「ホテルビナリオ梅田」。
JR大阪駅から徒歩約10分、阪急大阪梅田駅から徒歩約5分の距離にあり、関西のどの場所からでも行きやすいアクセスが自慢です。
最近は、「自宅にこもってばかりだから、気分転換においしい料理を食べて、ゆっくりしたい」と泊まりに来る人も多いそう。
今回、読者限定の特別プランを2つ、用意してもらったので、さっそく泊まりに行ってきました。
(佐々木 由紀)

◆ホテルビナリオ梅田
神戸牛使用【1泊夕食「神戸牛しゃぶしゃぶ御前」+朝食付きプラン】7900

お申し込みは06(6373)1111

プランの1つは、【1泊夕食「神戸牛しゃぶしゃぶ御前」+朝食付きプラン】です。
ビナリオホテルズ&リゾーツが、契約牧場「但馬・美方ファーム」から一頭買いで仕入れた神戸牛を使用。
しゃぶしゃぶにするのはリブロースの薄切りで、総料理長の星野宏行さんは「きめの細かさ、サシの甘さを楽しんでください」と話します。

◆ホテルビナリオ梅田
女性に人気【1泊「和風アフタヌーンティー」+朝食付きプラン】9500

お申し込みは06(6373)1111

そして、もう1つのプランが、【1泊「和風アフタヌーンティー」+朝食付きプラン】です。
「『仲のいい友達同士や母娘で甘いスイーツを楽しみ、夜は部屋でゆっくり女子トーク』、そんなイメージでプランニングしました」と営業戦略室マネージャー・吉弘知世さんは振り返ります。
スイーツ大好き記者は、こちらをセレクトすることに。

運ばれてきたのは、4段のお重。
中を開けてみると……

色とりどりの軽食、サンドイッチ、スイーツが散りばめられ、思わず「美味しそう!」。
さっそく、いただきます♪

「アフタヌーンティーは昨年の6月に始めていましたが、3月に内容をグレードアップし、お重が3段から4段になったんです。その増えた1段が、こちらです」(吉弘さん)。
「京都のおばんざい」がイメージで、「あさりと春キャベツのおひたし」、「タケノコの土佐煮」など、一足早い春を感じる食材ばかり。
「ふきわさびツンツン漬け」は、文字通り鼻にツンと刺激が走り、思わずお酒が欲しくなります。

こちらは、アフタヌーンティーの定番・サンドイッチの段。
使われているパンは、大阪発祥「高匠」のもの。
サンドイッチの具材は、パンよりぶ厚い、2センチほどの出汁巻きです。
これを頬張ると……ジュワッ、総料理長自慢の濃厚な出汁が広がります。
チーズベーグルにソースたっぷりのハムカツを挟んだバーガーは、大口をあけてパクリ。

さぁ、いよいよスイーツの段に突入です。
手前の生チョコは、左側がハチミツ、右側が日本酒を練りこんでいます。
上は、抹茶のブラウニー、イチジクを練りこんだチョコケーキ、そして抹茶のどら焼き。
ここで星野さんが「どら焼きにはぜひ、これをかけてください」と取り出したのは、京都のハチミツ専門店「ミールミィ」から取り寄せた8種類のハチミツです。

ローズマリー(スペイン)、モミノキ(フランス)、からすさんしょう(佐賀県)など、世界各地のハチミツが並びます。
「一口にハチミツといっても、色はこんなに違うんだ」と思いながら、菩提樹(北海道産)をセレクト。

どら焼きにたっぷりかけていただくと、抹茶のほろ苦い風味のあとに、ハーブのような蜂蜜の香りが口いっぱいに広がります。
「こんなに味や香りが深いなんて……。ハチミツって、奥深い!」
残ったどら焼きに、一口ずつ違うハチミツをかけて、完食。

最後は、フルーツの段です。
イチゴ、ブラッドオレンジ、水晶ぶんたん、マンゴーなどが並びます。

またアフタヌーンティーには、大分のブランド卵「蘭王」を使用したプリンや、ティーコーディネーター・大石正子さんがセレクトした日本茶とセットドリンクも付きます。
食べ終わる頃には、お腹も心も大満足。

全体的に和風なので、あっさりとして食べやすく、胃もたれしないのもありがたい限り。
ちなみにこの日、午後4時に食べ始めたのですが、夜の10時ぐらいまでお腹は満たされていました。

◆ホテルビナリオ梅田
「使ってみたかった」が満載! オススメのレディースフロア

お申し込みは06(6373)1111

さて、食べ終わってからチェックインします。
今回は、1人500円アップで宿泊できる、同ホテル10階のレディースフロアを選びました。

このフロアのキーでしか開かないオートドアからフロアに入ってすぐ右側に、フロア専用のアメニティバイキングがあります。

クレンジング、洗顔、化粧水、乳液から入浴剤、ボディミルク、パックなどが並ぶほか、ジョージスチュアートのフレーバーティーもあり、紅茶好きとしてはうれしい限りです。

さて、今回レディースフロアを選んだ一番の理由はこちら、この2月に設置が完了したばかり、ミラブルのシャワーヘッド。
一度、試してみたかったんです、「油性マジックが水だけで落ちるのか!?」と。

というワケで早速、手の甲に油性マジックで線を引きます。
ここにシャワーを当てること、約2分。
右半分を軽くこすると…おぉ、消えた!!
さらにシャワーを当て続けて、残りの左側もこすると、最後にはこの通り、きれいさっぱり消えました。

このシャワーヘッド、気にはなっていたものの、数万円もする安くはない商品です。
これを試せるのは、ありがたい限り。
入浴時、顔から体から、全身浴びます。
顔はいつもよりスベスベになった感じがあり、大満足です。

レディースフロアの部屋には、このほかナノイーヘアドライヤー、ナイトスチーマーなど拡大鏡がついたメイク専用ミラーなどがそろいます。
さりげなく置いてある、ジュエリートレーなどちょっとした気配りも嬉しいですね。
「梅田のど真ん中にあるので、部屋の広さには限度があります。その分、充実させた設備を楽しんで頂ければ」と吉弘さん。

就寝時は、イオンナノケアナイトスチーマーをベッドに近づけて……おやすみなさい。

◆ホテルビナリオ梅田
高評価の朝食を

申し込みは06(6373)1111

朝に再度、シャワーを浴びていると、朝食の時間になりました。
実は同ホテル、宿泊予約サイト「じゃらん」の口コミ評価で、【朝食】が5点満点中、4.9点という高評価を獲得しており、前々から気になっていたところ。

サイトで会場の混雑状況を確認してから、会場へ向かいます。

会場に入るとズラッと並ぶ、約30種類のバイキング。
1個からとれる大阪名物のたこ焼き、神戸ビーフ入りのカレー、手作りの豆腐、分厚い出汁巻き卵、新鮮な刺身…どれからいただこうか、悩みます。
卯の花、ひじき煮、焼き茄子など和惣菜は、小鉢で用意されています。
ご飯は鳥取県の一等米「きぬむすめ」で、「蘭王」卵をかけてのTKG(卵かけご飯)がオススメ。

中でも記者が気に入ったのが、肉うどんからうどんを抜いた、肉吸い。
神戸牛のホルモンがたっぷり。
脂の甘み、出汁の甘みがホッとする一品です。

そしてこちら、昨日もいただいた、「高匠」のパンと「ミールミィ」のハチミツ。
近くにあったソフトクリームも添え、全てに違うハチミツをかけてみました。
(同ホテルのホームページにあった画像=写真左=をイメージしたのですが……
出来上がり=写真右=はなんか違う!?)
オーブントースターで焼いた「高匠」のパンは、口に含むと小麦粉の香りと自然な甘さがフワッと広がります。
そこに、さらに甘いハチミツをかけているのですが、くどくなく、むしろ後をひく上品な甘さ。

もう十分、お腹がいっぱいなのに、この肉吸いとパン+ハチミツはおかわりし、最後にデザートをいただいて、ごちそうさま。
朝食評価4.9点も納得の内容で、お腹は十二分に満たされました。
「朝食がおいしいと、その日一日、頑張れそう」
そう実感しながら、チェックアウトしました。

◆ホテルビナリオ梅田
お得な宿泊プラン

◆神戸牛使用【1泊夕食「神戸牛しゃぶしゃぶ御前」+朝食付きプラン】7900

◆女性に人気【1泊「和風アフタヌーンティー」+朝食付きプラン】9500

◆1人500増しでレディースフロアに!

申し込みは、「読売ファミリーを見た」と言って06(6373)1111

一覧に戻る

pagetopへ

©2022 Yomiuri Joho Kaihatsu Osaka Co.,Ltd.