読売ファミリーは読者の生活を応援するお得な情報をお届けします

読売ファミリーは読者の生活を応援する
お得な情報をお届けします
Staff Blog

スタッフブログ

2024年の三月花形歌舞伎は見逃せません!!

読売ファミリーの平林由佳です。

✻ ✻ ✻

2023年12月20日号の表紙は、2024年3月に京都・南座の「三月花形歌舞伎」に出演される中村壱太郎さん! 「吉例顔見世興行」で盛り上がる師走の南座でお話を伺いました。

 

顔見世の出演の合間に取材に応じてくださった壱太郎さん。

私自身、2023年の「三月花形歌舞伎」で壱太郎さんの舞台を初めて拝見して、すっかり歌舞伎の世界に魅了されているので、これはもう感動ものです!💕

昨年12月にあった前回の三月花形歌舞伎取材会でのショット

今回、2024年の三月花形歌舞伎は壱太郎さん尾上右近さん中村隼人さんを加えての3人での公演となります

 

「三月花形歌舞伎」と言えば、次世代の歌舞伎界を担うホープが集う、南座の春の恒例舞台今回の「三月花形歌舞伎」は、2024年が近松門左衛門の歿後300年にあたるということで、昼夜とも近松作品が上演されます

2021年以来、壱太郎さん世代の若手4~5人で構成されていましたが、今回は壱太郎さん尾上右近さん中村隼人さんの3人! まさに次世代の歌舞伎界を担うプリンスが勢ぞろいです。

右近くんは自主公演で近松作品を上演して、以前から近松には思い入れを持っていた。隼人くんも、若手でこの役をやるなら彼だろうと誰もが思っていた役に挑戦。どんな公演になるのか楽しみです!」と壱太郎さん。

壱太郎さんは右近さんと、とても仲が良いそうで、毎日のように連絡をとってるんだとか。「公私ともに本当に多くの時間を過ごしているので、そんな自然な空気感がお芝居にも生かせたら」とも。

今回の近松作品は実際にあった事件を舞台化した、いわば江戸時代の“ワイドショー”的なお芝居。これは、歌舞伎初心者も楽しめそうですね!

 

今回は各プログラムでお芝居の演目を入れ替えるそうです。これは壱太郎さんが「三月花形歌舞伎」に出演され始めた2021年以来、初めてのことなんだとか。それまでは同一演目を、昼夜での配役を替えて「Aプロ」「Bプロ」と呼んでいましたが、今回は「松プロ」「桜プロ」と呼んでいます。「松プロ」は近松の「松」の字に、「桜プロ」は近松の辞世の句、「それ辞世 さる程さても その後に 残る桜の 花し匂はば」にそれぞれ、ちなんでいるそうですよ。

「花形はいろいろテーマをもたせるのが恒例なので、今回はこんな呼び名を考えました」と壱太郎さん。壱太郎さんはアイデアマンだそうで、今までも公演を彩るいろんなアイデアを出されてきたそうですよ。

 

「三月花形歌舞伎」 プログラムはこちら↓

 

「それぞれの演目を一言で言表すと?」という質問に、「河庄、女殺油地獄、将門かな」と壱太郎さん。その後、「これからの打ち出しはこれで行きましょう!」と劇場の方と話されていたので、今後もこのワードを目にすることがあるかも!と、ちょっと嬉しくなりました😍

 

「松プロ」「桜プロ」、どっちも観なきゃ!💕 もう、春が待ちきれません!!💕💕

 

平林 由佳
中学生の男の子と小学生の女の子がいる読売ファミリー記者。料理は作るのも食べるのも好き。温泉や旅行も好き。読売ファミリーでは主にインタビュー記事を担当しています!

一覧に戻る

pagetopへ

©2022 Yomiuri Joho Kaihatsu Osaka Co.,Ltd.