読売ファミリー・読売ライフは読者の生活を応援するお得な情報をお届けします

読売ファミリー・読売ライフは読者の生活を応援する
お得な情報をお届けします
Staff Blog

スタッフブログ

京都 南座「九月花形歌舞伎 あらしのよるに」

読売ファミリーの田中朱実です。
9月に京都 南座で上演される舞台 「あらしのよるに」 で主役を勤める   中村獅童さん   。
9年ぶりとなる南座での再演にかける思い、舞台の見どころなどを伺いました。

「あらしのよるに」発刊30年を迎える人気絵本

嵐の夜に真っ暗な山小屋で出会ったオオカミ「がぶ」とヤギの「めい」が、本来の「食う・食われる」関係を超えて友情を育んでいくというストーリーです。

絵本を歌舞伎にするのは難しいのでは?🤔 と考えてしまいがちですが、
「歌舞伎にはキツネなどの動物を演じるものもあり、ファンタジーな部分は絵本と共通すると思います。着ぐるみがなくても動物を演じられるのは歌舞伎ならでは。踊りや立廻り、義太夫など古典的な歌舞伎の手法を取り入れながらも、お子さんにも分かりやすい内容になっています。初めて歌舞伎をご覧になる方にお薦めですよ」


平成30年11月博多座 Ⓒ松竹

今回、中学・高校の貸切公演もあるそうですが、
「学生って、内容がつまらないと寝てしまうし、面白いと大笑いしてくれます、どんな反応をしてくれるか、勝負です」。
4歳以上のお子さんが入れるので、「笑ったり、声を出したり、自由に楽しんでください」
お父さんお母さんも一緒に楽しめますね ☺️

獅童さんの息子さんも 「あらしのよるに」 の絵本が好きで、「読んで!」とパパにせがむそうです。
「読み聞かせって、疲れるんですよ~。がぶとめいと声色を変えて、全編抑揚を付けて読みますから」
何とぜいたくな読み聞かせ 😊
「最後は、合言葉は『あ・ら・し・の・よ・る・に』で、おやすみ……、となるんです」
それは楽しそう。😄 連日「読んで!」とせがまれるというのも納得です。

    

京都 南座には特別な思いがあるという獅童さん。
「『あらしのよるに』の初演や超歌舞伎など、新しい試みは南座で始めています」
古典好きなお客さんが多い南座から、新しいことに挑戦したいそうです。
「9月の京都では納涼床が楽しめますよね。湯葉が好きなので、京料理も味わいたいです。読売ファミリーの読者の皆さんも、ぜひ南座に足をお運びください」


九月花形歌舞伎 発刊30周年記念

あらしのよるに
【原作】きむらゆういち 【出演】中村獅童、中村壱太郎  ほか
9月4日(水)〜  26日(木) 京都 南座 京阪祇園四条駅すぐ

 

 

 

 

 

特別販売

 

申し込み : 電話はコチラ ⬇︎

☎ 0570(550)43710~17時(土・日・祝日除く)

※自動音声が流れた後、オペレーターが応対します

 

申し込み : 専用サイトはコチラ ⬇︎

よみふぁみオンラインストア(Yomiモール内)

※専用サイトからのお申し込みはクレジットカード払い(インターネット決済)のみとなります

 

●  必ずご確認ください  ●
チケットは公演日の約1週間前までにお届けします。 入金後のキャンセルや返券、チケットの再発行はできません。
営利目的の転売は禁止。 座席は表記の範囲内で、後方になる場合があります。
先行販売は良席をお約束するものではありません。座席指定のご要望はお受けできません。
読売グループから各種ご案内をお送りする場合があります。

 

田中朱実
夏は海!冬は山!のアクティブ派、と思いきや、漫画もアニメもドラマも大好き。着物で観劇に出かけることも。ジム好き、スイーツ好き。一児の母。

一覧に戻る

pagetopへ

©2022 Yomiuri Joho Kaihatsu Osaka Co.,Ltd.