読売ファミリーは読者の生活を応援するお得な情報をお届けします

Column

料理&コラム

料理コラムニスト・山本ゆりさん「フライパン1つで簡単!サバと長イモの照り焼き」

材料 (2人分)

・サバ2切れ
・塩少々
・片栗粉適量
・長イモ10㎝(150g)
・A(砂糖大さじ2分の1、しょうゆ、みりん、酒各大さじ1と2分の1)
・サラダ油
・好みで万能ねぎの小口切り各適量

作り方

①サバは骨を取り、3㎝幅に切る。塩をふって10分おき、水分をペーパータオルでとる。片栗粉を薄くまぶす。長イモは皮をむいて8㎜厚さの半月切りにする。A は合わせておく。
②フライパンにサラダ油を中火で熱してサバと長イモを並べる。こんがりしたら裏返す。2~3分焼いて火を通し、A を加えて絡める。
③器に盛り、好みで万能ねぎを散らす。

ワンポイントアドバイス☝

★ふっくらしたサバとサックリした長芋、甘辛ダレが相性抜群! サバは片栗粉をまぶすと身がパサつかず、タレもよく絡みます。サバの代わりに鮭、ブリ、鶏肉、豚肉なんでも合います。

★骨を抜くのは手間ですが、そこさえ終わればこっちのもんです。長芋で手が滑るのが怖い場合、素手で触らずフォークを刺して固定し、ピーラーでむいたり包丁で切ったりするとラク。

料理コラムニスト 山本ゆりさん
プロフィル
1986年生まれ、大阪府出身。
レシピ本「syunkonカフェごはん」シリーズ(宝島社)など、書籍総売り上げは累計で750万部を超える。

一覧に戻る

pagetopへ

©2022 Yomiuri Joho Kaihatsu Osaka Co.,Ltd.